未分類

【シンドバッド】架空の人物の世界史【ガリバー】

投稿日:

1 :世界@名無史さん:2012/12/17(月) 22:45:40.91 0.net
ヘラクレスのように神話に登場する人物から、シンドバッドのように民族の
集合意識が固まって生まれてきて伝承されたと言われる人物、はては
シャーロック・ホームズのように作者による創作であることがよく知られているにも
関わらず、多くの人に知られ、半ば歴史的存在となった人物などについて語るスレです。

これらの人物が、どういった形で、どれほど広範囲の人々に支持されたか、人々に
どういった影響を与えたか、生まれてくるに当たってどういう社会的背景があったのか、
なぜ熱狂的に支持されたのか、モデルとなった人物などについて話せればいいかと思います。

また、歴史上実在していたか怪しい人物、坂本竜馬のように実在していたことは
はっきりはしていても、小説等で英雄に祭り上げられ、実像との乖離が著しい人物、
シェイクスピアのように、誰かのペンネームに過ぎないという説がある人物なども対象とします。

2 :世界@名無史さん:2012/12/17(月) 23:10:12.32 O

秋田のスーパーヒーローナマハゲはミクロネシアンの子孫です。

3 :世界@名無史さん:2012/12/17(月) 23:59:36.36 0

122 名前:世界@名無史さん 投稿日:2012/10/23(火) 21:03:01.25 0
辞典が作られ架空の三大人物

シャーロック・ホームズ
フロド・バギンズ
ホレイショ・ホーンブロワー

4 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 00:03:23.57 0

ドン・キホーテって辞書作られていたと思うけど

5 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 00:13:56.97 0

>>3
フロド・バギンズとか、ホレイショ・ホーンブロワーなんて、
世界的には無名だし

6 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 00:45:10.59 0

フロド・バギンズはファンタジーだから「世界史」的には対象外

7 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 00:46:59.75 0

三蔵法師もほとんど架空の人物だね。
玄奘との共通点はインドに取経に行ったことだけ。

8 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 00:49:58.43 O

空海も実在だけどほとんど伝説

9 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 01:01:20.87 0

>>6
ファンタジーかどうかっていうのは、ほとんど関係ないと思うよ。
ポイントは、どれぐらい広範囲に、長い期間影響を与え続け、
結果的に「歴史」を作ったか、だと思う。

10 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 01:02:58.92 0

>>7
実在のモデルがいて、そのモデルの名前を小説中でそのままつかった
というところだな。

11 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 01:19:36.51 0

>>1
まず日本の神話からやれわかったな

12 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 01:37:32.29 0

そしてお前は日本語から勉強しなおせ

13 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 06:01:06.72 0

>>2
ナマハゲはガチでリアルだからスレチだろ

14 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 06:02:54.03 0

>>10
時代劇のヒーローに沢山いるな

15 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 06:10:19.34 0

大岡越前、水戸黄門、野牛十米

16 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 06:38:18.26 O

>>13
子供にとっては泣きたくなるほどリアルだけど、フィクションだべ。
ガリバーとおんなじ。

17 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 08:14:27.57 0

ナマハゲは妖怪
人物じゃない

18 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 08:52:56.03 0

>>11
ここは世界史板わかったな

19 :世界@名無史さん:2012/12/18(火) 10:36:28.13 O

>>17
ナマハゲは妖怪ではない
来訪神という神だ。

人ではないから、抜けるか。

22 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 00:40:51.41 0

貴族の将校なのに、民衆側に寝返って
バスティーユ攻撃を指揮したオスカル様

21 :山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2012/12/18(火) 13:28:46.83 0

人物自体が創作ではありませんが、逸話の創作として「足りない銀貨」とい
うものがあります。

ある時、正直な商人が銀貨の入った袋を拾って役人に届けた。
やがて持ち主が名乗り出たが、欲深い人物で「元入っていた分が足りないの
で弁償せよ」と拾い主を責める。
そこで賢明な裁判官は「足りないのならば持ち主不明の別の袋であろう」と
言い、拾い主に銀貨と袋を与え、落し主に本物の袋を探せと言う。

ヴラド串刺し公の逸話として出て来るものですが、鎌倉時代の説話集『沙石
集』にも近年の宋での話としてそっくりなものが紹介されています。

20 :山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2012/12/18(火) 13:22:58.83 0

南方熊楠が、「さまよえるユダヤ人」の起源を賓頭盧ではないかと論じていましたね。
皮肉なことに、今や日本でも前者の方が有名でしょうから後者のみ説明すると。

釈迦存生時、弟子の中に神通力で知られた賓頭盧という者がいた。
ある時、長者が見事な托鉢用の鉢を作ると、地上に立てた象牙の先にひっかけて
『これを神通力でとれた行者に差し上げよう』と言ったことがあった。
賓頭盧は釈迦の力を見せるためにも獲ろうと、神通第一で知られた目健連に勧め
たが、見せびらかすものではないという釈迦の教えを守った目健連は固辞。
それならばと賓頭盧が獲ってみせたが、これがため釈迦に罰を受けることとなる。
そうして、釈迦が入滅した後も娑婆をさまよい続け、弥勒が仏となる日まで衆生
を救済し続ける役目を背負わされたのであった。

ついでに、大岡裁きの「子供の母親の判定」はソロモン王の裁きとしても有名ですが、
あれもユーラシア一帯に見られる話で、インドで成立した仏典にもあります。
その様子を示したとされるガンダーラ彫刻が最古の例らしい。

23 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 09:28:33.13 0

数年前、インド映画の「秘剣ウルミ」ってのを見たけど、
主人公が調度、坂本竜馬と西郷隆盛を合わせたような
キャラクターで、バスコ・ダ・ガマを始めとするポルトガルの
悪辣な侵略から国を守る、という英雄譚だった。
(もちろん架空の人物)

国威発揚の時期には、どうしてもこういう象徴のヒーローが
必要なんだろうな。

24 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 13:54:28.04 0

水滸伝とかロビンフッドとか、書籍にモデルとなった人物は
存在するけどたいした奴でないんだよね
いつしか民間伝説になってヒーローにまつりあげられるんだよ
源義経の御伴をした弁慶だってほぼでっちあげだからね

25 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 15:11:03.19 O

>>22
シモーヌ

26 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 20:54:00.99 0

ロビンソン・クルーソーのモデルはアレキサンダー・セルカーク

27 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 22:32:27.85 O

>>1
バカにされるの覚悟で言うけど要はFateでいう英霊について語るスレにしたいんでしょ?
ほぼ伝説と化した歴史上の人物からモデルはいるだろうが創作だろうものについてまで語るにはあの作品の英霊って概念は便利だ

28 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 22:48:35.12 0

シャーロック・ホームズ(半実在)
プレスター・ジョン
檀君王倹

ホームズは「名誉実在人物」扱いでいいと思う。いたよ、たぶん。
夏目漱石にも会っているだろうし、アルセーヌ・ルパンともたぶん
対決している。そして彼の活躍はジョン・H・ワトスン医師によって
記録され、宮崎駿によってアニメ化された。

あとの2人は知らん。

29 :世界@名無史さん:2012/12/19(水) 23:01:43.61 O

現代の日本においてですら毎年大河ドラマをその瑕疵を分かっていながら消費しつづけてる
やっぱり現代にも通じる教訓や娯楽性を歴史から引き出したいという欲望があるんだろうな
「太平記読み」の時代―近世政治思想史の構想 って本が気になってるんだが
こんな本らしい
江戸前期、民衆相手の『太平記』講釈が爆発的に流行する以前、大名や武士相手に講釈する「太平記読み」たちがいた。
その講義のタネ本は『太平記評判秘伝理尽鈔』。『太平記』の描く人物や事件を論評し、膨大な別伝を付け加えたこの本は、楠正成を理想の為政者=仁君として描き出す政道の書でもあった。
そしてそれは、戦国武将から藩の為政者へと変身を余儀なくされた大名たちに幕藩体制確立のマニュアルを伝授し、思想家たちに、こぞって楠正成を持ち上げさせるほどの決定的な影響を与え、
版行されるや、口承の伝達回路をも稼働させて、民衆の「修身斉家」のための強力な指針へと読み替えられる。
つまり『理尽鈔』は、この時代・社会の政治に関する共通認識を形作ったのである。
江戸の政治思想の基軸は、朱子学などではない。「太平記読み」の思想こそが江戸の秩序の根幹である!
―従来の思想史、近世史の通念を一新する、大胆かつ綿密な画期的論考。

30 :世界@名無史さん:2012/12/20(木) 00:48:16.65 0

ヴェローナには「ジュリエットのバルコニー」がある。
このバルコニーにロミオが登って行ったのか…
って、架空の人物なんだけど。

しかも恋愛成就を願う観光スポットになっているとかいうけど、
「ロミオとジュリエット」は二人とも死んで終わるじゃん。
それにあやかってどーするの。

31 :世界@名無史さん:2012/12/20(木) 02:08:28.57 0

外人にも、心中にあこがれる心情があるってことだろう。

32 :世界@名無史さん:2012/12/20(木) 15:52:29.16 0

日本の昔話で比較的有名な浦島太郎さん。
勿論架空の人だけど、京都や横浜を始め数箇所に墓や神社、地蔵やお寺と中々の人気。
それは別にあやかるって気持ちではなく、稀代の体験をした昔の人を神格化して、
同じ漁師のよしみで漁の安全をお願いしたり色々有る訳だ。
イタリアの有名カップルも別にあやかるって意味ではなかろうね。

33 :世界@名無史さん:2012/12/20(木) 18:13:25.02 T

巴御前もでっち上げなのかな……

34 :山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2012/12/20(木) 22:25:57.20 0

>>32
そもそも『日本書紀』に出て来る、そこでは実在扱いの人物ですからね。
鎌倉時代初期の歴史書『愚管抄』では、「水江の浦島のことはこの時代である」
と、周知の出来事として書かれているぐらい諸書に記載があります。
西暦471年というから、本来は古墳時代の装束で想像すべきでしょう。

『万葉集』にも浦島の記述がありますが、「竹取の翁」も出て来ます。
『竹取物語』は、7世紀末頃が舞台と江戸時代には考証されていますし、登場
する貴族も(少なくとも原話からいたとされる三人は)実在しました。
時代考証に忠実にすると、こちらは藤原京の時代の風俗になる。

共に不老不死、神仙思想関連ですが、ついでに八百比丘尼も室町時代に実在し
た人物です。彼女と知り合いであったとされた東方朔も実在しましたが。

>>33
巴や弁慶は、いたかもしれないしいなかったかもしれないというぐらいですね。
一応弁慶は『吾妻鏡』には登場しているのですが、普通の僧侶だったのかもしれません。
そもそも『吾妻鏡』自体が軍記物も参考史料にしているので鵜呑みに出来ませんが。

35 :世界@名無史さん:2012/12/20(木) 22:31:12.90 O

>>33
いたとしても「御老公様」や「遊び人の金公」より原型留めてない

36 :世界@名無史さん:2012/12/20(木) 23:10:21.81 T

>>34
坂額御前の例もあるから尚の事実際が気になるんですよね。
多分に盛った所もあると思いますが。
源平盛衰記の巴御前は坂額御前と被る所がありますが、やはり何かしら坂額御前からインスピレーションを受けて脚色を加えたのでしょうかね。

37 :山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2012/12/20(木) 23:26:17.73 0

今『平家物語』・『源平盛衰記』・『吾妻鏡』の記述を比較する余裕がありませんが、
「殿下乗合」の黒幕が清盛でなかったという記述があるなど、『源平盛衰記』
の著者は比較的文献を参照し、考証しているようなので、影響された可能性
もあるかもしれません。

38 :世界@名無史さん:2012/12/21(金) 01:58:52.98 0

ここまで聖書の人物なしなのが意外
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%93%E6%97%8F レビ族
例えばこんなのってどこまでが実在の人物、民族、出来事と線引きされてるんだろう
レビとかヤコブなんてのは考古学的には一人の人物ではなく、ある集団の擬人化という認識になるのかな

一休さん

39 :世界@名無史さん:2012/12/21(金) 03:31:38.53 0

日本じゃ、ジャッキーチェンの酔拳とかワンス・アポン・ア・
タイム・イン・チャイナの主人公としてしか知られていないけど、
黄飛鴻も坂本竜馬的な人物だろうね。

44 :世界@名無史さん:2012/12/22(土) 02:22:56.13 0

>連作短編小説の中の一篇に

違うよ。
クオレの中の挿話。

ハイジの成功以来、あのテレビアニメシリーズは現地取材を
ちゃんとやるのが伝統だから、リアルに描かれているんだよ。

つーか母を訪ねては、このスレとは趣旨が違うと思う。

47 :世界@名無史さん:2012/12/22(土) 07:27:09.23 0

ところでさ、数年前にタイに行ったんだけど、バンコク限定かも知れないけど、あそこで一番有名な日本人は間違いなく一休さん。
本屋さんは勿論なんだけど、あらゆるところに子供の頃見た覚えの有るアニメの一休さんがいるんだよね。
あの連中が、髑髏持って歩いている一休さん見たら何気にショックだと思う。

50 :世界@名無史さん:2012/12/22(土) 09:43:35.41 O

>>47
髑髏の話はアニメになってたよ。
大衆から石をバラバラ投げ付けられながら歩んでいくという凄まじいラストだった。
あのアニメは有名なエピソードは一応全て押さえている。

52 :門松は冥土の旅の一里塚:2012/12/22(土) 11:39:08.47 O

(^_^;)めでたくもありめでたくもなし

55 :世界@名無史さん:2012/12/22(土) 13:29:26.32 0

ミュンヒハウゼン男爵とかは、架空の人物に入るのかな。

本当のミュンヒハウゼンは、イヴァン6世の父親に仕えていたというのは
この間初めて知った。

69 :世界@名無史さん:2012/12/23(日) 18:39:50.78 0

キリストが生まれる何年も前に死んでいるのに、キリストを迫害して事になっているヘロデ王とか、
比較的善政で市民には抜群の人気だったのに、クリスチャンを迫害したためにめちゃくちゃ言われているネロとかね。
ネロの場合は、クリスチャンを迫害したって言うか、泥棒や強盗、山賊を処刑したら実はみんなクリスチャンだったみたいなw
それでも、死後何百年もたって強制的に改宗させられたアーサー王よりは何ぼかましかな。

75 :世界@名無史さん:2012/12/23(日) 23:46:50.41 0

富裕層と貧困層の対立とわかりやすいな

120 :世界@名無史さん:2012/12/29(土) 15:58:43.22 0

武蔵坊弁慶にも非実在説があったな
常陸坊海尊は非実在がほぼ確定のようだけど

ま、弁慶が出ない義経物語はまるで様にならないがw

あ、大河で弁慶の出ないのが一度あったか

193 :世界@名無史さん:2013/01/06(日) 22:57:21.56 0

>>190
『三国志演義』と『三国志(正史)』は面白さの点からいうとどっちだろう?

ちなみに吉川英治と陳舜臣で読みましたが。

217 :世界@名無史さん:2013/03/03(日) 16:35:33.50 0

小野小町って架空の人物だったのか

聖徳太子とかは、準架空であって、準実在ではないか。

301 :世界@名無史さん:2014/05/24(土) 23:04:46.99 0

>>300
蜀漢も四川の侵略者だろ

488件をまとめました。
最新情報はこちら





-未分類

Copyright© KAWAII METAL , 2019 All Rights Reserved.